「財務省本庁舎内保育所」の運営委託事業者に選定されました

令和元年6月24日、財務省より公募のありました「財務省本庁舎内における事業所内保育所の設置・運営業務」の運営委託事業者に当社が選定された旨の公示がありました。このことは当社が認可・認証保育園や学童クラブ・放課後子ども教室、事業所内保育所等での運営実績が評価された結果といえます。

当該施設は千代田区の地域型保育給付対象施設でもあり、定員は財務省職員枠が14名、地域枠5名の19名の施設となります。財務省本庁舎は築130年の建物で現在耐震補強工事を行っており、保育所としての内装工事は10月からスタートする予定です。

現在、財務省本庁舎では1,800人が勤務し、女性はその内約2割にあたる350名です。政府は「すべての女性が輝く社会づくり」を掲げており、働く女性の割合は更に増加するものと思われます。このような方針のなか、省庁の中の省庁である財務省での運営を任された意義は非常に大きいものがあります。

本施設「霞が関らる財務省内保育所(仮称)」は、土日祝日および年末年始を除く日を開所日とし、基本保育時間は7:30~18:30、21:00までの延長保育も実施します。今後は12月の利用者説明会、1~3月の内覧会を経て、4月1日に開所する予定です。