個人のお客様

介護保険サービス

介護保険サービスのご紹介

当社では、お客様が住み慣れた地域で、満足いただけるトータル・シルバーサービスをご提供していくために、

通所介護訪問介護と連動した居宅介護支援事業所を、今後多拠点展開させて頂く準備を行っております。

介護給付を受けられる人

■介護給付を受けられる人

65歳以上の方 介護が必要になった原因に関わらず、日常生活の基本的な動作について介護や支援が必要と認められた方。
第1号被保険者
40~64歳の公的医療保険に
加入している方
介護が必要になった原因が、加齢に伴う16種類の特定疾患により介護や支援が必要と認められた方。
第2号被保険者

■16種類の特定疾患とは?

 01)がん(末期)  02)骨折を伴う骨粗鬆症  03)脊柱管狭窄症

 04)関節リウマチ

 05)初老期における認知症  06)早老症

 07)筋萎縮性側索硬化症

 08)パーキンソン病関連疾病  09)多系統萎縮症

 10)後縦靭帯骨症

 11)脊髄小脳変性症  12)脳血管症患

 13)閉塞性動脈硬化症

 14)糖尿病性神経障害・糖尿病腎症及び糖尿病性網膜症

 15)慢性閉塞性肺疾患

 16)両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

介護サービスを利用するには?

公的介護保険の介護サービスを利用するには、「介護や支援を必要とする状態にある」と市区町村から認定を受ける必要があり、これを要介護(要支援)認定といいます。 介護が必要になったら、市区町村の窓口に申請が必要です。通常、認定の申請から認定結果は、30日以内に通知されます。 要介護(要支援)認定されたら、介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、サービスの利用を開始します。

介護サービス利用の流れ

各介護保険サービス